せっかちなデートはさよならですフルタイム臨戦状態はメガリスで

ED治療薬バイアグラが1998年、世に出た時は大変なことになりました。
人々の記憶にまだその時の騒ぎは記憶に残っていますが、ちょっとした社会現象にすら発展しました。
発売当時は、当然日本では入手できませんでしたから、手に入れるためにアメリカにいる知人に頼ったり、アメリカに仕事で行く人に頼んだりというようなことが起きました。
またそうした独自のルートでバイアグラを入手した人が、実際に使ってみての感想をあちこちで話す物だから、更に騒ぎに輪をかけたようなことも有りました。
それくらいそれまでのED対策は貧弱で効果の確実な物がありませんでした。
むろん、ED問題自体は、今に始まったことではなく、大昔から男性が皆いつかは抱えることになる問題ではありました。
だからヨーロッパ中世の貴族の世界で、ED対策に非常に効果のある植物をめぐって殺し合いがあったと記録がありますし、中国では皇帝の命をうけて屈強な戦士が大陸の奥地にED対策の秘薬を探しに旅立つ話があります。
現在でも、精力剤は日本でも数多くの商品が出回っており、最近は健康食品とかサプリメントもそれ用の物が多く販売されています。
それくらい需要があり、多くの男性は下半身に力を欲しています。
バイアグラは、それらの男性にとってのまさに救世主であり、希望の光になりました。
そのあとED治療薬3兄弟と言われる次の薬が、次々と発表、そして発売になりました。
とくに、バイアグラの効果を更に長い時間持たせることを具現化したシアリスは、中年以降の利用者に大変重宝されるようになりました。
バイアグラが数時間しか効果が持続しないので、せっかちに性行為に突入しなければなりませんでした。
ところがシアリスおよびその後発売になったジェネリックであるメガリスは、そういう慌ただしいことを完全にシャットアウトしました。
服用してから、24時間から36時間ものあいだ効果が持続するのです。
つまり金曜日の晩のデートの日の昼間に服用すれば、その日の晩も、あるいはお持ち帰りと言うことになってもいつでも臨戦状態を維持しつづけるのです。
そしてもバイアグラは空腹時でないと効果が十分にでないと言う特性がありましたが、シアリス、メガリスはそういうことは関係なくなりました。
実際、空腹のままでパートナーの女性を抱くと言うのは、慣れてくると辛い物は確かにあります。
また、服用していることをパートナーの女性にあまり言わない男性が多いので食事を取らないことの辻褄を合せるのも回数が重なるとしんどいというような些細な障害はでてきます。
メガリスはシアリスの1/5から1/3程度の価格で入手することが出来ます。
多くの男性は、ネットを使って入手しています。
所謂個人輸入代行サイトに、申し込んで船便か航空便で早ければ1週間、遅くでも3週間で手元に届くような形が構築されています。
ただそれはきちんとしたサイトを選んだ場合のことですので、最初にどのサイトに依頼するかは大切なことになります。
それまでの取扱数、今まで営業年数、そしてクチコミ等から判断すると、まず間違いはないと思います。

Comments are closed.